ウォレント(WARRANT)ってバンド知ってる?

この記事は約3分で読めます。

ウォレント(WARRANT)ってバンド知ってる?

 

「シーズ マイ チェーリパーイ!」
でお馴染みの
アメリカンハードロックバンド
ウォレント(WARRANT)

 

ボン・ジョビとかポイズンとか
その辺の人達が大人気だった時に
彗星のごとく現れた期待の新人
というイメージがありました。

 

ボーカルのジェイニーレインが
イケメンでキラキラしていて
女性に大人気だったことを
記憶してします。

 

このころは
ハードロックのPVなどは
テレビで放送されることもなく
当然YouTubeなどもなかったので
たまにやる深夜の音楽番組で
たまたま放送されたりすると
大興奮して見ていた覚えがあります。

 

ジェイニーレイン

 

 

スポンサーリンク

 

 

でも残念ながら
「いけないチェリーパイ」以降のアルバムの
イメージが全くありません。
よくよく調べてみると
ボーカルのジェイニーレインが脱退したり
しばらく後に復活したりと
いろいろあったようですね。

 

確かに
あの頃、グランジ・ロックというか
キラキラしていないロックが
少しづつ人気になってきていました。
ニルバーナとか
ものすごい人気でしたね。
正直、私はついていけませんでしたが…。

 

そして
ウォレントはキラキライメージが強すぎて
いつの間にか消えていったバンド
になってしまいました。

 

でも、巻き返しを図るために
グランジっぽいアルバム「Dog Eat Dog」
を出したものの
中途半端だったんですかね。
今、あらためて聞くと
悪くはないのですが
確かに中途半端のイメージです。

 

その後のウォレントの活躍は
全く知りませんでした。
アルバムも数枚出していたり
メンバーチェンジもしていたようですが
全くわかりませんでした。

 

で、同じく知らなかったのですが
ボーカルのジェイニーレインが
お亡くなりになっていた
ということです。

 

一度脱退して
その後、再度加入し
もう一度ウォレントを復活させるぞと
意気込んだものの
思ったとおりにいかず
苦悩の末にアルコールに頼るようになった
とのこと。

 

ロックミュージシャンが
アルコールに溺れるのはよくあること。
というか
一昔前はそういうイメージでしたが
今のご時世
ロックミュージシャンも健康志向です。
過激な音を出して
怖いイメージのミュージシャンでも
ステージを降りれば
ベジタリアンだったとか
もうそんな時代です。

 

個人的には
ジェイニーレインは好きなボーカルの一人でした。
長生きして欲しかった…。
ただただ残念です。

 

というわけで
ジェイニーレインがいて
もっとも輝いていた時の
ウォレントの曲を聞いて
一気にハッピーになりましょう!!

 

★ウォレント チェリーパイ

Warrant – Cherry Pie

 

いけないチェリー・パイ

いけないチェリー・パイ

ウォレント
1,331円(08/18 19:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

スポンサーリンク