「ありがとう」ドラマ再放送で知った驚愕の事実!

この記事は約4分で読めます。

「ありがとう」ドラマ再放送で知った驚愕の事実!

 

ドラマ「ありがとう」は
1970年代を代表するホームドラマです。
そのドラマが現在、BS12トゥエルビで
20:00より月曜日から金曜日まで再放送されております。

 

正直、私はこのドラマの存在を知りませんでした。
何気なくテレビを点けて見ていたところ

「あ!この俳優さん見たことある」

から

「なんかわからないけど、ホノボノしてる」
「これ、けっこう面白いね」

に印象が変わってしまいました。

 

ありがとう
BS-TBSより

 

そしていろいろと調べてみたところ
驚愕の事実を発見したのです。

 

それは
今、放送している第2シリーズが
最高視聴率「56.3%」という数字を
叩き出していたことです。

 

この数字、単純に考えると
2人に1人以上が見ていたということで
今、考えるとスゴイ数字です。

 

放送当時のことはよくわかりませんが
もしかしたら、ご近所さんとの普段の会話の中でも
必ず話題に挙がる事柄だったのではないでしょうか?

 

「そういえば、あれ見た?」
「あー、あれね。もちろん見たよ」

 

なんて会話が頻繁にされていたかもしれません。
さらに驚いたのが全4シリーズもあったということ。

第1シリーズ(婦人警官編)は全30話。
第2シリーズ(看護婦編)は全52話。
第3シリーズ(魚屋編)は全53話。
第4シリーズ(カレー屋編)は全52話。

とにかく長い!!
韓国ドラマ並に長いです。

 

今のテレビドラマは、だいたい10話前後くらいで
3ヶ月で終了してしまうのがほとんどなので
それを考えるとやはり長い。

 

どれほど面白いドラマでも
必ず10話ぐらいで終わってしまう今のドラマより
かなり見応えのあるドラマ
と言えるのではないでしょうか?

 

とはいえ、我々は見ているだけなので
ドラマを「作る側」の方々の苦労は
とても大変だろうと思います。

 

ありがとう
TBSちゃんねるより

 

 

スポンサーリンク

 

 

プロデューサー 石井ふく子

 

私がパッと思い浮かぶ長いドラマは
「渡る世間は鬼ばかり」です。

そういえば何となく
雰囲気が似ているような気が…

 

と思い調べると

「プロデューサー  石井ふく子」

あれ?「渡る世間は…」と同じだ!!

 

ということで妙に納得してしまいました。

 

ドラマの内容は
とんでもない事件が次から次へと起こるわけでもなく
よくありがちな話題や日常的なことが
淡々と流れていくわけですが
その分ものすごく親近感が持てるようなドラマです。

 

今のドラマでは
ほとんど無い「突然歌い出す」ような
ミュージカル風な場面もあります。

 

さすがにこれは日常的なことではありませんが
こんな俳優さんや女優さんが
こんな感じで歌うんだなと新しい発見もあり
とても楽しく見ています。

 

ありがとう
TBSちゃんねるより

 

見どころは何と言っても
水前寺清子さんと山岡久乃さんの掛け合いです。
しょっちゅう喧嘩して
すぐに仲直りして
もう日常そのものです。
セリフもまさに日常的。

 

「よくあるね。こんな場面は」
とニヤニヤしながら見ています。

 

出来れば第1シリーズなど
他のシリーズも再放送して欲しいのですが
じっくり待ちたいと思います。

 

このドラマは
DVDで発売されているのでしょうか?

 

Amazonには販売サイトがあるようです。

しかし商品は無いようですね。

 

第1シリーズから第4シリーズまでの完全版とか
もし発売されたら
かなり好評だと思います。
いつか発売されるといいですね!!

 

★BS12トゥエルビ

「ありがとう」第2シリーズ サイト

<ドラマ> ありがとう第2シリーズ | ドラマ・映画 | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)
石井ふく子が手がけた、総合病院を舞台に人間模様を描くホームドラマ。水前寺清子の親しみやすいキャラクターと、石坂浩二との恋模様が人気となり、当時日本中を席巻した話題作。

「ありがとう」第1シリーズ サイト

<ドラマ> ありがとう 第1シリーズ | ドラマ・映画 | BS無料放送ならBS12(トゥエルビ)
「ありがとう第1シリーズ」は警察官を志す3人の明るい下町娘の物語。水前寺清子、和泉雅子、沢田雅美の3人が警察官を演じ、人間らしさを描いたドラマ。

★こちらも合わせてどうぞ

「ありがとう」ドラマで坂上忍が山岡久乃から引き継いだこと
「ありがとう」ドラマで坂上忍が山岡久乃から引き継いだこと 2016年11月24日よりBS12にて 「ありがとう」第3シリーズ が再放送されています。 私はこの再放送によって ドラマ「ありがとう」の存在を知りました。 ...

 

 

スポンサーリンク