「エージェントマロリー」ネタバレになりますが見た感じを述べます!

この記事は約3分で読めます。

先日BSでエージェントマロリーが放送されました。
女エクスペンダブルズが画面狭しと暴れまわる超ド級のアクション映画です!
という宣伝文句に誘導されるがままにみてみました。

 

ジーナさんが美人なのに…強い!

 

 

ジーナ・カラーノさんが演じる女性国際的なスパイのマロリー・ケインが主役の映画です。
映画が始まってからしばらくの間はあまりセリフもなく淡々と画面が移り変わっていき、町外れにある小さな喫茶店のような場所から本格的に物語が始まっていきます。

はじめに言ってしまいますが、ハッキリ言って前半は全く話がわかりませんでした。
セリフが少ないからなのか、パッパッパッと短時間で変わっていく描写のせいなのか、中々私の頭の中にストーリーが入ってきませんでした。

後半になると「あ!これがあそことつながるのか!」とわかってくるのですが、それまでは多少の苦痛を感じてしまいました。
話がわかるようになるにつれて、ドンドン面白く感じていきました。

でも、最後はチャンと最後までやってほしかったなと感じてしまいました。
ちょっと尻切れトンボの印象があります。
全部見終わっての私の個人的な感想は、まぁまぁ面白かったかな?です。

 

スポンサーリンク

 

格闘家だったとは…知らなかった!

 

にしても、この主役の女優ジーナ・カラーノはキレイな人ですね。
目の周りがブリトニー・スピアーズに似てるかもと思ったのは私だけかもしれませんが…。
この女優さんは、実は有名な作品にも出演しています。
例えば、ロック様ことドゥエイン・ジョンソンが出ている「ワイルド・スピード EURO MISSION」。
このワイルド・スピードにもジーナ・カラーノさんは出演しています。
ドゥエイン・ジョンソンさん演じるホブス刑事と一緒に行動していたライリー捜査官の役でした。
言われてみれば確かに出演してました。

 

 

で、どちらかといえばパワフルな役が多いなと思ったら、ジーナ・カラーノさんは総合格闘家だったのですね。
知りませんでした。ガッチリ鍛えたワイルド系女優さんではなく、リングで戦うためのガッチリした筋肉だったのですね。
どうりで人を殴る動作とか蹴り上げる動作が自然というか、違和感がなかったわけです。
ジーナカラーノさんは1982年生まれ。
けっして若手女優とはいえない年齢です。
しかし、その美貌と鍛え上げられた肉体で今後もたくさんの映画に出演して欲しいと思います。
それこそ、いつの日か「エクスペンダブルズ 女性版」が作られる時はぜひとも出演して画面狭しと暴れまわって欲しいですね!
これからのさらなる活躍に注目です!

 

エージェント・マロリーをもっと知る

 

★エージェント・マロリー 公式サイト

Haywire | Official Movie Fan Site
This is the Official Movie Site for Haywire.

★エージェント・マロリーを観る

 

 

スポンサーリンク