映画「それでも夜は明ける」の原作者ソロモン・ノーサップについて

この記事の所要時間:約425

「それでも夜は明ける」原作者はどんな人?

 

受賞

 

この度、第86回アカデミー賞授賞式が
米ロサンゼルスで開催されました。

 

そして映画『それでも夜は明ける』が
作品賞に決定いたしました。

 

この映画は奴隷制度が
まだ普通だった頃のアメリカが舞台。

 

そこで自由の身でありながらも拉致され
なんと12年間もの間
奴隷生活を強いられた黒人男性の実話を
映画化した作品です。

 

原作は
1853年発表のソロモン・ノーサップによるもので
1841年にワシントンD.C.で誘拐されて
奴隷として売られた黒人を描いた
『 Twelve Years a Slave 』という作品です。

 

このソロモン・ノーサップさんについて
ちょっと解説します。

 

スポンサーリンク

 

ソロモン・ノーサップの生涯

 

1808年7月に解放奴隷の息子として
ノーサップさんは生まれました。
1841年に彼はバイオリン奏者をやらないかと誘われました。
しかし、それは奴隷を売りとばす業者だったのです。

 

その後、彼らはノーサップさんを薬漬けにし
奴隷として売却しました。
売却先はルイジアナ州のプランテーション業者。
その後、彼は12年間
違うオーナーの業者を転々としました。

 

その間
家族や友人との連絡はありませんでした。

 

当然、脱出や連絡を試みるも
なかなか成功せずにいましたが
ようやく連絡が取れて1853年1月に自由を取り戻し
ニューヨークの家族のもとへ戻りました。

 

その後、自分の経験を記し
『 Twelve Years a Slave 』を発表。

 

Twelve Years a Slave (African American)

Twelve Years a Slave (African American)

Solomon Northup, Dover Thrift Editions
542円(04/20 17:38時点)
発売日: 2014/03/19
Amazonの情報を掲載しています

 

さらに
裁判所にこの奴隷商人を訴えましたが
当時の法律で黒人の証言が許可されず
訴訟として成立出来ませんでした。

 

その後
奴隷制度についての講演を行うなどの
活動を行っていました。

 

しかし1857年以降の記録がはっきりせず
再度、誘拐されたのでは?との説もありますが
結局は消息不明ということだそうです。

 

この内容は
かなり大雑把で違う部分もあるかもしれません。
参考までにお願いいたします。

 

とにかく
今の時代では考えられない奴隷制度の
犠牲者だったことに間違いありません。

 

今の時代のような
言論の自由がない時代に本を書き上げるのも
相当なご苦労があったと思います。

 

しかし、このような方がいたから
私たちは過去の事実を知ることができ
同じ過ちを繰り返さないようにすることが
できるのです。

 

ノーサップさん
ありがとうございました。

 

スポンサーリンク

 

映画情報

 

2014年3月7日公開

 

★映画『それでも夜は明ける』予告編

映画『それでも夜は明ける』予告編

 

★『それでも夜は明ける』を購入する

それでも夜は明ける [Blu-ray]

それでも夜は明ける [Blu-ray]

キウェテル・イジョフォー, マイケル・ファスベンダー, ベネディクト・カンバーバッチ, ポール・ダノ, ルピタ・ニョンゴ
1,349円(04/20 17:38時点)
Amazonの情報を掲載しています

 

 

「それでも夜は明ける」スタッフ情報

監督

スティーヴ・マックイーン

脚本

ジョン・リドリー

原作

ソロモン・ノーサップ『Twelve Years a Slave』

製作

ブラッド・ピット
デデ・ガードナー
ジェレミー・クレイナー
ビル・ポーラド
スティーヴ・マックイーン
アーノン・ミルチャン
アンソニー・カタガス

製作総指揮

ジョン・リドリー
テッサ・ロス

出演者

キウェテル・イジョフォー
マイケル・ファスベンダー
ベネディクト・カンバーバッチ
ポール・ダノ
ポール・ジアマッティ
ルピタ・ニョンゴ
サラ・ポールソン
ブラッド・ピット
アルフレ・ウッダード

 

★「それでも夜は明ける」公式サイト

映画『それでも夜は明ける』公式サイト
本年度アカデミー賞大本命 未だかつて誰も描けなかった、真実ゆえの衝撃。スティーヴ・マックィーン監督最新作

 

 

スポンサーリンク